積んで積んでまた積んで

積んだものはしょうがない。ポケモンでもしよう。

剣盾カウントダウン XY編

剣盾発売まであと2日。

 

ポケモンXY

このコーナーも残すところあと2回。

今回は3DSで発売されたXYです。

 

f:id:Arotsumigame:20191113173121j:plain

f:id:Arotsumigame:20191113173134j:plain

 

グラフィックが3Dになったことにより、ポケモン達の様々な動きや表情も見ることができるように。

 

f:id:Arotsumigame:20191113173050j:plain

↑BWドットでは見ることは出来なかったバイバニラの表情。

 

f:id:Arotsumigame:20191113174609j:plain

カポエラーが立ってる・・・!

 

そして何と言ってもXYはストーリーも最高。

というかストーリーでいうならXYが一番だと思っていたり(画像は用意できませんでした。ごめんね。)

 

そのくらいXYにも思い入れがあります。

 

あとは色違いなんですけども、この世代は通常の遭遇で発見できる色違いの確率が1/4096に変更されました。

f:id:Arotsumigame:20191113173207j:plain

↑ソードシールド発売をきっかけに粘った色ヒトツキ

つまり2倍出会いやすくなると。

 

f:id:Arotsumigame:20191113173301j:plainf:id:Arotsumigame:20191113173333j:plain

↑ただしゼルネアスやイベルタル等の伝説のポケモンは色違いとして出会うことはできません。

 

それがきっかけで色違いのポケモンを狙う人も多くなったとか。

 

今回はここまで。

明日は剣盾カウントダウン投稿最終回。サンムーン編です。

 あっという間の最終回ですよ。寂しいなぁ。えっ、そんなことない?

 

 そう……

剣盾カウントダウン ブラックホワイト編

剣盾発売まであと3日。

 

3日ですよ!?早いですね!!!!

もういくつ寝るとポケモンソードシールド発売なんです!!!!!!!!!!

この興奮伝わるかなぁ。

 

ポケモンブラックホワイト/ブラック2ホワイト2

 

ダイヤモンドパールと同じくDSのソフト。

来年で10周年を向かえる恐ろしいゲームです。

いや恐ろしいのは時の流れか。おのれディアルガ

 

このブラックホワイト、2年後に発売された2と合わせると二部構成と言えるでしょう。

f:id:Arotsumigame:20191112202240j:plain

謎の青年Nとプラズマ団。そしてレシラム/ゼクロムの物語が描かれたブラック/ホワイト

(ホワイトは持ってないです。ごめんね。) 

 

 

f:id:Arotsumigame:20191112202315j:plain

f:id:Arotsumigame:20191112202332j:plain


もう1つの伝説のドラゴンポケモンキュレムも関わるブラック2/ホワイト2。
 

 

ポケモン本編で2が出るというのは当時衝撃的でしたね。マイナーチェンジじゃなくて続編!?ってね。

 

そんな第五世代ですが私が推していきたいのはBGMです。

 

というわけで

ブラックホワイト/ブラック2ホワイト2好きなBGMベスト5!!!!

 

第5位

戦闘!ゲーチス(BW2)

 

第4位

ENDING ~それぞれの未来へ~ (BW)

 

第3位

揺れぬ想い(BW/BW2)

 

第2位

10番道路(BW)

 

第1位

戦闘!ブラックキュレム/ホワイトキュレム(BW2)

 

 

でーす!みんなの好きなBGMはあったかな?

(心底どうでもいい)

 

________________________

 

そして私のポケモンはブラックホワイトのせいで狂わされました。(いい意味で)

なぜかって?

 

 

 

今まで推していたポリゴン2より素敵なポケモンと巡り会えたから!

 

f:id:Arotsumigame:20191112202427j:plain

↑推しポケのバルジーナ。ブラック/ブラック2で出現します。

このポケモンが今、最も推してるポケモンです。

まぁ今でもポリゴン2も好きですけどね。()

 

バルジーナをデザインしたジェームス・ターナー氏・・・いやジェームス様には感謝感激雨霰です()

 

剣盾でも素敵なポケモン期待してます!!!

 

 

うおおおおおワンパチにガラルジグザグマぁ!!待ってろよぉ!!!

 

こうしてXY編の書くネタを考えず、ガラルを楽しみにするのであった・・・。

剣盾カウントダウン ダイヤモンドパール編

剣盾発売まであと4日。

 

どうも。

これ書いてる時は職場の休憩時間を利用して書いてるんですけど、急いで書かないと間に合わないんですよね(本音)

 

ポケモンダイヤモンドパールプラチナ

 

2006年発売のDSソフト。

プラチナはその2年後の2008年に発売されました。

 

前にも言いましたがこの世代で通信面が大幅にパワーアップしまして、インターネットに接続して遊べるようになったのもダイヤモンドパールが初めてです。

 

通信機能を利用した、遊びも様々でして

例えば

 

地下通路

f:id:Arotsumigame:20191111172644j:plain

 

f:id:Arotsumigame:20191111172701j:plain

友達と秘密基地に呼んだり、一緒に化石を掘ったりして遊べます。

 

f:id:Arotsumigame:20191111172714j:plain

↑あと罠でイタズラも

 

ポフィン作り

f:id:Arotsumigame:20191111172732j:plain

前作のポロック作りに相当する要素ですね。

焦がさないように、こぼさないように鍋のポフィンをかき混ぜます。

f:id:Arotsumigame:20191111172823j:plain

これも通信で一緒に作れますよ。

 

スーパーコンテスト

作ったポフィンをポケモンに食べさせると、コンテストで活躍できます。

これも前作にありましたね。

 

f:id:Arotsumigame:20191111172849j:plain

ポケモン達も踊ります。ブレるほどアクティブに。

 

他にもこの世代で初登場したGTSやプラチナで遊べたWi-fiひろばぐるぐるこうかん等……。

色んなことができたのが第4世代です。

 

この世代に限ったことではないですが世代ごとに違った面白さがあるのがポケモンシリーズです。

 

次回、お話するブラックホワイトとブラック2ホワイト2にも推していきたい要素があるのでお楽しみに。

 

剣盾カウントダウン ルビーサファイア編

剣盾発売まであと5日。

 

どうも。

土日は昼寝をよくしすぎるんですよね。

今日も4時間くらい昼寝してました。1日の6分の1を無駄にしたとなりますね。

うえーん

 

それはさておき。

 

ポケモンルビーサファイアエメラルド

f:id:Arotsumigame:20191110194529p:plain

ポケットモンスターシリーズ3作品目。

ゲームボーイアドバンスのソフトですね。

 

f:id:Arotsumigame:20191110194545j:plain

f:id:Arotsumigame:20191110194559j:plain

↑実機もちゃんと持ってます。世代ですから。

 

当時はゴリゴリやってたのですが・・・

 

 

実はそんなに覚えてません。

世代なのに記憶が薄いのが悔しい。

当時やってた時が、園児だった頃だから仕方ないね。

 

でも1つ覚えているとするなら

御三家でアチャモを選んで、バシャーモまで進化させたときは本当にカッコよかったというか。

このポケモンはどんな進化をするんだろう?というようなワクワク感はありました(当時の推しポケはポリゴン2だったけどな。多分)

 

f:id:Arotsumigame:20191022155953j:plain

あとは通信ケーブルを使って友達や姉と通信交換をしたりとかはやってましたね。

通信ケーブルを買ってもらえたのが本当にうれしかった。

 

ルビサファエメの思い出はここまでにしましょう。

あんまり語ると長引くので・・・()

 

 

 

という訳で次回はダイヤモンドパールプラチナ編です。

これも書くのが楽しみだったり。

 

剣盾カウントダウン 金銀編

剣盾発売まであと6日。

 

どうも。剣盾カウントダウン記事2日目です。2世代・・・つまりクリスタルについての記事です。

 

 早速レッツゴー!

 

ポケモンクリスタル

 

f:id:Arotsumigame:20191109124337j:plain

初代とは別の地方、ジョウト地方を冒険するというお話ですね。

 

新しいポケモンに既存のポケモンの更なる進化。

かつて赤緑世代の知り合いの話を聞くと本当にワクワクしてたとのことです。

 

この世代では私がくどいように言ってる色違いのポケモン

あれが初めて実装されたのは金銀ですね。

f:id:Arotsumigame:20190405202741j:plain

↑かつて光らせたケンタロス。まぁ粘ったのは初代ですけど。

 

また、いかりのみずうみで色違いギャラドスが確定で出るっていうのも有名な話ですね。

 

f:id:Arotsumigame:20191109124323j:plain

↑私は偽ブランドと勝手に読んでます。

 

そんなポケモン金銀ですが、人気があってかすぐに売り切れたとのこと。

物を売るってレベルじゃねーぞ!!

 

そしてそのあとクリスタルも発売されましたね。

f:id:Arotsumigame:20191109123018j:plain

↑伝説のポケモンスイクンを巡る冒険。(しれっと色違い)

 

 

実はソフトも持ってます。

f:id:Arotsumigame:20191109124306j:plain

当時はレッド戦直前でデータが消えたのはいい思い出・・・じゃなくてトラウマ。 

電池あるなんて当時は知らなかったよ・・・。

 

 

 

というわけで今回はここまで。

次回は書くのが楽しみなルビーサファイアエメラルド編。やったぜ!

剣盾カウントダウン 赤緑編

どうも。

あと1週間でポケットモンスターソードシールドが発売されますね。

 

今日から1週間、ポケモンからサンムーンのゲームを1作品ずつ語ろうと思います。

今回は色粘り要素なしでいきますよ。

 

ポケモン赤緑

f:id:Arotsumigame:20190603194243j:plain

1996年発売のゲームボーイで遊べるゲームというのは言うまでもないですね。

 

ゲームボーイの育成RPGといえばポケモンですがポケモンの発売後、後追いで2バージョンの育成RPGが続々発売されたとのこと。

 

f:id:Arotsumigame:20180823190353j:plain

メダロットもその1つ。カブトバージョンとクワガタバージョンがありますね。

 

とはいえ私はゲームボーイの世代ではないので当時はおじいちゃん、おばあちゃんから教わった知恵袋みたいな感じで聞いていました。

 

ただ、その8年後、初代ポケモンのリメイクであるファイアレッドリーフグリーンゲームボーイアドバンスで発売されましたね。

 

f:id:Arotsumigame:20191108182234j:plain



私はその印象が強く、フシギダネを相棒に終盤はヒーヒー言いながら殿堂入りしたことを思い出します(結局カイリューでごり押したけど)

 

初代のイメージはこんな感じですね。

 内容薄いかもしれませんが初代の世代ではないので思い出も何もないのです・・・。

 

というわけで次回は金銀クリスタルについて語ります。

 

 

柿の種(暗黙の了解)

どうも、アロ変です。

 

10月からブログネタを探しに外に出る機会が増えまして。

今日は仕事の休憩時間を利用してセブンイレブンへ行きました。

 

そして気になる商品を発見。

もちろん買いましたよ。

 

亀田の柿の種 焦がしラー油風味
f:id:Arotsumigame:20191023124442j:image

 

期間限定商品ですよ奥さん!

あらやだ!

 

この男、期間限定商品は割りと好きなのでついつい買うのです……。

 食べてみると旨辛!!これはやみつきになる!!(今も食べながら書いてます)

 

でもね

私が言いたいのはそこではないんですよ。

問題はパッケージのど真ん中におもいっきり書いてある

 


f:id:Arotsumigame:20191023124842j:image

ピーナッツなし

という文字。

 

これを見てふと疑問に思ったのです。

 

【今回のテーマ】

f:id:Arotsumigame:20191023164941p:plain

「柿の種のピーナッツ抜きは何故議論にならないのだろうか」 

 

酢豚にパインを入れるか入れないかで論争になったり、山か里かで壮大な争いが起きるのはよくある話ですが。

柿の種で議論になるのは聞いたことが無いです(少なくとも私の周りでは)

 

ちなみに私はピーナッツ無し派です。

元々ナッツ類はあまり好きではないので。

 

んで、ツイッターで軽くアンケートを取っているのですが現状では

 

f:id:Arotsumigame:20191023162002p:plain

 

無 し 派 0 人

なんでやもしかして私だけが無し派とか・・・?

柿の種のピーナッツて本体の一部なのか?

そしたら柿ピーって呼べばええやん・・・。

 

もしかしてピーナッツ無しの柿の種って需要ないのか・・・?

と思い、ふと裏面を見たら。

 

 

f:id:Arotsumigame:20191023162605j:plain

あった。

 

全てを察しました。

そりゃあ論争しないわな・・・。

 

 【結論】

柿の種のピーナッツ抜きを反対してはいけない。

よかったこれで解決ですね(下の注意書きが気がかりだけど・・・。)